テクニカル分析は大きくわけて2種類あります

テクニカル分析は大きくわけて2パターンに分類できます。

●チャートパターン
相場というのは、同じパターンを繰り返すと言われています。
チャート表を見てみると、グラフが同じ形を繰り返してる部分があるはずです。
この繰り返しさえ掴んでしまえば、次に同じ形を予想することができます。

チャートパターンを見極めるのに重要になってくるのが「ローソクチャート」というもの。
チャート表を見ると、赤と青のローソクの様な形をしたものが羅列していませんか?
長いものもあれば短いものもあり、全体で見てみると上下運動を繰り返してる図式です。

この上下の流れを掴むこと、ローソク足の長さや上下の流れを見極めることが重要になってきます。
しかし、基本的にはチャートパターンのみでテクニカル分析をするということはありません。
ここで更に重要になってくるのが、次で紹介する「テクニカル指標」です。


●テクニカル指標
テクニカル指標は、過去の値動きや、ローソクチャートを元に作成されたものになります。
簡単に言えばローソクチャートを元に、予測情報が詰まったものと言えます。
このテクニカル指標についてはまた別ページで説明させてください。

ちょっと頭が一杯になってきたと思うので、一休みいれて最後まで読んでみてくださいね。